casestudy

株式会社KADOKAWA様 アスキーストア

web_botton_off

ポイント

  • 顧客サポート対応は、メールに一元化し、全体的に顧客の声を情報共有化させたことにより、スピーディーな対応が可能になった。
  • 仕入先メーカー様への一括自動発注システムを構築した(FAX・Eメール)。
  • アスキー様専用に決済システム・受注システム(ecbeing)をカスタマイズした、出荷システムをシームレスな構築に仕上げた。
  • 商品の入荷当日に出荷できるスピーディーな出荷システムを構築できた。

アスキー様がECサイトとして最初に立ち上げたのは、1999年にスタートした、PC情報コンテンツとECサイトを融合させたポータルサイト「e-sekai」でした。(運営は株式会社アスキーイーシー)。
Alta Vista Searchという検索エンジンを搭載し、ニュースコンテンツの提供や、チケット販売など多彩な商品やサービスを取り扱い、当時は国内最大級のECサイトとの呼び声も高かったといわれています。

しかし、初期投資の莫大な負担が尾を引き、黒字化を果たせないまま2000年には一端撤退することとなってしまいました。また2000年からは、捲土重来を期して書籍などの直販サイト「アスキーストア」の運営も手がけられましたが、こちらも2002年にはオン・ザ・エッヂ(現ライブドア)に営業譲渡する結果に終わっています。

そして3度目の挑戦となるのが「アスキー365」。
アスキーストアの終了を前提としたプロジェクトでしたが、最終的に社内でゴーサインが出たのが、契約切れ3カ月前のこと。つまり、現場担当者には、急遽3カ月で新たなECサイトを構築せよという命が下ったのです。

基本設計の骨格を固める期間などを考えれば、サイト構築に実質的に使える期間はわずかに1カ月。そこでアスキー様が選択したのが、ソフトクリエイト様が提供するECサイト構築パッケージ「ecbeing」。そして、弊社ボーダーラインがその運営を行なうというビジネスモデルでした。

2005年10月のサイトオープンへ向けて、「ecbeing」と連携したバックオフィスシステム構築を行い、倉庫の業務フロー構築、スタッフ研修を急ピッチで行ないました。アスキー様にとっては、3度目の挑戦とはいえ白紙の状態からのリスタートでしたから、当社のこれまでの運営実績とノウハウを基に、バックオフィスのフルフィルメント構築を全面的にお任せ頂きました。

1年が経過した現在では、出荷件数も倍増したため、更に運営業務もスムーズに行なえるようシステム改修を行ないました。また、顧客サポート対応でも、お客様から高い評価を頂けるようなメールを頂き、運営スタッフのモチベーションアップにつながっております。