サードパーティー・ロジスティクス型データベース

data-s

制作物のデザインなど、企業コンセプトを統一するため切り離すことができない。
また、データベースの管理は、企業コンプライアンス上外部へ委託できない。
このような規定を順守しなければならない状況下で、一部外部委託することをご検討される場合に最適なフローをご提案致します。

例えば、

  • 自社でデザイン会社と契約しているが、印刷から全体的な管理を委託できる会社を探している。
  • 社内の基幹サーバーでデータ管理を行なっているが、システムに適応できるデータ入力作業や個人情報資料の管理を委託できる会社を探している。

このように他社様との共同プロジェクトで業務を進行するような場合でも、弊社が情報整理を行い、納期管理やシステム対応など柔軟な適応力を発揮できることが最大の特長です。

kinouzu-dbt

casestudy

data-q web_botton_off

ポイント

  • DMについて、発送業務までを一本化することにより納期短縮を実現した。
  • 顧客データ収集の基となる店頭応募キャンペーンについて、後工程のデータ入力や集計業務までを考えた応募ハガキやスクラッチカードの版下制作を提案した。
  • クイーンズイースト様専属デザイナーや撮影会社様との密な連絡体系・コンセプトの共有化を実現した。

クイーンズイースト様は、クイーンズスクエアで1997年に開店された100店舗以上のセレクトショップが集結したショッピングスクエアです。

弊社では、流通企業様を主体としてダイレクトメールやカタログの制作、顧客アンケート集計などを行なっていた実績からクイーンズイースト様が開店から間もない頃に、印刷業務をスタートとして、ご提案をさせて頂いておりました。

しかし、東急グループという大きな組織であるため、広告代理店や印刷会社様など関 連企業とのお取引をされており、弊社のような飛び込み営業を行なうような会社には 大きな壁となっておりました。

ところが、営業を行ってから半年後にチャンスが転がり込んできました。
それは、デザインデータを入稿してから3日以内に、DMハガキを制作して郵便局へ局出しをするという難題な業務でした。
クイーンズイースト様がお取引をされていたどの企業様でも業務ができないとお断りをされたため、弊社にお声を掛けて頂いたのです。

弊社の営業担当は、これを逃したら二度とチャンスは掴めないという思いで、業務を請け負わせて頂くことを決めました。
納期を順守し、尚且つ制作物のクオリティは落としてはならないため、内容の評価によっては最初で最後の仕事で終わってしまうかもしれないという一抹の不安もありました。

しかし、結果的には各部署や協力会社のサポートがあったおかげで、クイーンズイースト様の期待に応える業務を遂行することができました。
そしてこれを機に約2年の月日をかけて、他の制作物についても用紙や印刷手法、DM発送方法などの変更によるコストダウンをご提案し、店頭応募キャンペーンのデータ入力、集計、顧客データ管理まで全て弊社で一本化することの『3PL型』を構築する ご契約を締結するまでに至ったのです。