フルフィルメント型データベース

data-f

顧客データ入力・管理~各種DM・カタログ・申込用紙・封筒etc.企画、制作~発送代行まで一貫したサービスをご提供します。
特に、顧客データベースのクレンジング作業(住所変更・登録内容変更・市区町村合併に伴う変更etc.)は、時間や労力の負荷が大きいため整備が遅れがちになることが多くの企業様で見受けられるようです。

しかし、個人情報保護法19条における「利用目的の達成に必要な範囲内において、個人データを正確かつ最新の内容に保つ」という条件を満たすためには、必須業務となっております。
弊社では、顧客管理運営上の悩みを解決すべく、最適なコストで各お取引様の基幹システムに適応した業務フローをご提案します。

また、デザイン制作、各種印刷物のスケジュール管理、DM発送などの代行サービスまで内製管理では煩雑になりがちな業務を弊社に一本化して頂くことで得られる3つのメリットをご提案いたします。

  1. 予定外の変更等に迅速に対応する納期遅延防止策の立案
  2. 効率よく且つコスト削減を実現できるDM発送代行サービスのご提案
  3. レスポンス集計やデータ管理及び入力業務まで一環したサプライチェーンを視野に入れた印刷物など企画制作のご提案。

このように、業務プロセスを集約することによる無駄のない効率化されたフローを構築いたします。

kinouzu-dbf

casestudy

data-ganba web_botton_off

効率的な業務フローを構築できたポイント

  • 使いやすく、必要な情報が見やすい検索システムを構築することにより、ファンクラブ会員様の問合せにスピーディに対応できるようになったこと
  • 継続受付締切り前案内と締切り後のファンクラブ未継続者へのフォローやクレジットカード切替え・継続キャンペーンを展開することにより、継続率UPの仕組み化が出来つつあること
  • お客様のご都合に合わせた便利な入会方法(現金・コンビニ・クレジット等)の対応をスムーズに行いかつ、経理処理負担の軽減ができたこと
  • ファンクラブ新規会員獲得の為のファンクラブ予備軍のデータベース構築からそのデータを利用した費用対効果の高いDM戦略ができたこと

1993年のJリーグ発足当時から実力派チームとして人気のあるガンバ大阪。
2005年度は 念願のJ1リーグ初優勝も果たし、地元関西だけでなく全国に幅広いファンやサポーターがいる人気チームでもあります。

弊社は2000年よりガンバ大阪様のファンクラブ運営業務のサポートをしてまいりました。
一般的なファンクラブの特徴として、ファンクラブへ入会されるお客様は入会目的がはっきりしているため(入会目的:チケットの優先購入やイベント参加など)事務局への問い合わせも多く、事務局に対してお客様の期待値が高いのが特徴です。

ガンバ大阪様へもファンの方からの問い合わせが多く、また内容も多岐に渡っていたため、いかに早くご満足いただける対応ができるかが課題でありました。

<当時の課題>

  1. ファンクラブ会員様からの問合せに対して、もっとスピーディな対応ができないか
  2. ファンクラブ会員様のお問合せの負担を減らす方法がないか
  3. ファンクラブ会員様の継続率を上げる方法がないか
  4. 事務局の業務軽減の方法がないか

これらの課題を解決すべく、弊社は以下のような取組みをしてまいりました。

<ボーダーラインが取組んできたこと>

  1. ファンクラブ会員様のお電話でのお問合せ内容を分析し、ファンクラブ会員様の検索システムの見直しと会員情報のわかりやすい検索システムを構築したこと。
  2. 郵便振込みが主流であったファンクラブ会費等の支払い方法をコンビニ・クレジット払いに変更し、お客様のご都合にあわせた入会方法に切替えかつ、ガンバ大阪様の経理処理が円滑に進む入金管理システムの構築をしたこと。
  3. 会報等の送付にあたっては、制作物の内容・作業工程・送付方法を見直し、わかりやすくかつ費用対効果の高い制作・作業・送付方法に切替えたこと。

などがございます。新しいことへのチャレンジにあたっては、正直申しますと後から反省することも少なからずありました。
例えば、コスト削減を考え、ファンクラブの継続案内を郵便からメール便に切替え送付した際に、思いのほか不着が多く、継続率が若干下がってしまったこともございました。

ファンクラブ会員様には一人暮らしの方も多く、「表札がない」「ポストが小さい」といった理由で配達できなかったものや、当時メール便の個人宅への配送体制も十分完備されていなかったことが原因としてありました。
こういった反省も踏まえ、現在は配送内容によって最も適した配送方法をご提案しております。

また、「高い山は裾野が広い」と言われるように、新規会員獲得の意味も含め、ファンクラブ予備軍のデータベース構築にも努めています。
ひとりでも多くのお客様が、万博競技場をブルー一色に染めるべく、熱い応援をしてくださることが私たちの願いでもあり、喜びでもあります。

現在ガンバ大阪様から日本代表選手も多数選出され、注目される選手が多くなったこと、J1リーグでの優勝争いに加わっていることなどから、ますますファンクラブ入会も増えてきております。
今後もファンクラブ会員様に楽しんでいただけるご提案をはじめ、より円滑な事務局運営ができるようサポートしていきたいと考えております。