データベースマーケティング事業

data

近年の情報技術の進歩、ブロードバンドの普及により、大多数の人に伝えるマスマーケティングから膨大なデータベースの分析・集計を行い、ターゲットを絞った効率的なデータベースマーケティングがより重要視されてきました。

弊社では、コストを抑えるために無駄なデータを省いて、効率よくターゲット層に訴求するためのデータベースの収集方法、集計、クレンジング作業をご提案致します。

ユーザーの質を把握し、購買意欲(質)の高いユーザーを拡大していくためにはデータベースを活用し、集めた情報をフィードバックしていくことが必要です。但し、数的規模が拡大すればするほど、ユーザー層の幅が広がり、運営方針が困難になっていきます。

そこで、弊社が推進するシステムはPDBMsystemです。

別途内容によってお見積致します。
ギフト需要や商品ごとの送料に関わる顧客意識などこれまで培ってきた実績に基づき、バックオフィスの観点からマーケティングシステムのご提案を致します。
また、2005年4月から全面施行された個人情報保護法に基づき、各企業の顧客情報における管理、整備にきめ細かい内容が求められてきました。

弊社では、各事業部の責任者が(社)日本クレジット産業協会が認定する個人情報取扱主任者の資格を取得しております。
組織として取得する個人情報に関する規格よりも、データ管理に関わる意識付け及びスタッフ個人のモラルを高めるため、各個人の資格取得を優先させています。そして、年1回行なわれる認定テストにチャレンジしています。

casestudy